【経験談】半端ない公務員のストレス!【解決策】公務員を辞めること

公務員はやめとけ
お悩み公務員
お悩み公務員

・公務員として働くけどストレスだらけで辛い

 

・そもそも、自分はなぜこんなにストレスを感じているのだろう

 

・このストレスから開放される方法はないの?

 

公務員にとして働き半端ないストレスを感じている方は、非常に多いですよね。

 

公務員を辞めたキヨシ
公務員を辞めたキヨシ

この記事を書いている僕、キヨシも民間企業→国家公務員→起業と様々な経験をしていますが、公務員時代のストレスは半端なく顎関節症になりましたw

そこで本記事では元公務員である僕が、公務員にストレスが多い理由とその対処法を全て経験談に基づき解説します

 

この記事を読めば、あなたの悩みは当たり前であることが分かり、公務員という特殊な環境があなたを苦しめていることが分かるでしょう。

 

【経験談】半端ない公務員のストレス

「公務員は気楽でいいね~」

悲しきかな世間の公務員のイメージは、間違いなくこんな感じです。

でも、これって公務員に対する偏見だし、明らかにイメージだけで言っていますよね。

 

彼らには絶対に分からない、公務員の半端ないストレス。民間経験者の僕が言うから間違いありません。

 

公務員のストレスは、民間では経験できない異常さがあります

 

・公務員がストレスを感じる3つ理由

色々ありますが、公務員がストレスを感じる理由を3つ挙げます。

いずれも民間との比較なので、分かりやすいかと思います。

 

 

⇒【理由1】基本個人プレーで会話がない

1つの係に1係長のみ。僕は国家公務員でしたが、周りにはこんな方が多かったです。

なので、同じ課の隣の係が何をしているのか分かりません。

 

公務員は基本、個人プレーチームで仕事をしていないので、仕事に行き詰まり一人で抱え込むことが多いのです。

みんな同じ状態で余裕がないため、誰にも相談できませんよね。

 

一方、民間は一つの目標に対して、チームで仕事を進めます

なので仕事を抱え込むことが少なく、経験上、公務員とは比較にならないほどストレスは少ないですね。

 

⇒【理由2】ゼネラリストなのにスペシャリストが求められる

公務員は2~3年に1回転職をしているようなものです。

>>【経験談】公務員の異動は無駄!【数年に1回の転職でマジでつらい】

 

様々な部署で様々な経験をさせて、ゼネラリストを目指す人材育成なんですよね。

確かに、日本では民間もスペシャリストよりゼネラリスト育成に力を入れます。

 

ただ、公務員のゼネラリスト感は半端ないですよね。

例えば、市役所職員であれば去年まで福祉の仕事をしていた職員が、畜産担当になったり普通にします。

 

そして、外部機関や国民、市県民からはプロとしての仕事が求められます

異動で席に座った瞬間から、スペシャリストになる必要があるのです。

 

民間の方に、これがどれほど強いストレスになるか分かるはずがありません。

 

⇒【理由3】いちいち壁が多く、仕事が進まない

無駄な会議、意味のない資料作成、根回し必要な時間がかかる決裁・・・

もう、あげればきりがありません。

 

あなたもきっと経験があるはずです。とにかく、公務員は一つ物事を進めるのに時間がかかり過ぎますよね。

 

一方、民間はスピード感が命です。

ライバルがゴロゴロいる市場の中で、こんなに時間をかけていては戦いに負けてしまうのです。

 

なので、公務員ほどくだらないことに振り回されず、わりかしサクッと進んでいきます

もし、行き詰まっても、先程書いたチームプレーで突破していきます。

 

・僕は公務員採用後にストレスで顎関節症になった

実は僕、民間を辞めて公務員になり1年後にはストレスで顎関節症を発症しました。

民間でバリバリ働いていたので、公務員なんて楽勝って正直思っていました

 

しかし、上記3つの理由に衝撃を受けたのか、口を開くと顎が痛くなり物も噛めないようになったのです。

病院に行くと、ストレスからくる顎関節症という診断でした。ストレスとは無縁だった僕が・・・

 

どんだけ、公務員の職場がストレスに満ちた異常な職場かが分かりますよね

 

・公務員のうつ病が多いのはストレスが関係

公務員って、民間よりもうつ病患者が多いことを知っていますか?

あなたの周りにもいませんか?休職を繰り返す職員や、周りが気を遣う必要がある職員が。。

 

これも間違いなくストレスが関係しています。

上記で解説した公務員がストレスを感じる3つの理由で解説しましたが、この状態は毎日続くわけです。

 

余程メンタルが強い人間でなければ、耐えることは難しいですね。

>>【経験談】公務員はマジでうつ病が多いから!皆が辛く組織が衰退する

 

公務員のストレスは独特!解決策は公務員を辞めること

結論、あなたが公務員として受けるストレスから解放されたければ、公務員を辞めるしかありません

 

当たり前すぎてつまらない回答ですが、僕自身がそのように対応し、現在、ストレスフリーの楽しい生活を送っています。

 

・外の世界に目を向けろ!公務員は狭く特殊な世界

以下のような意見は公務員の方によくありがちですが、全てあなたの思い込みです。

 

✓公務員は安定しているので、辞めたら生活していくことができない

✓民間は厳しすぎるので、公務員を辞める自分には勤まらない

✓なので、辞めるのではなく異動になりストレスがなくなるのを待とう

 

99.9%の公務員がこのように思っていますし、あなたもそうかもしれませんね。

 

でも、はっきり言っておきますね。公務員は狭い世界で生きていて、外部とは隔離された特殊な世界です

 

外の世界を見ようともせず、自分の思い込みで公務員の殻に閉じこもっているため、うつ病になったり最悪、自ら命を絶ったりする方もいらっしゃいます

 

ちょっと一息入れて、外の世界に目を向けましょうよ。公務員だけがあなたの人生ではありませんよ。

 

・民間経験や起業して振り返る公務員のストレス

僕は民間会社→公務員→起業(自営業)と色々経験していますが、間違いなく公務員時代がストレスを感じる毎日でした。

 

確かに、民間でも独立してもストレスはあります。でも、公務員のストレスとは明らかに質が違うんですよね。

 

公務員のストレスは、ネットリとまとわりつき決して僕から離れませんでした。

公務員を辞めて今、当時の僕の思い込みを以下のように否定します。

 

✓公務員は安定しているので辞めたら生活していくことができない

→そんなことは絶対ない。民間就職や独立でも普通に食べていけます。

 

✓民間は厳しすぎるので公務員を辞める自分には勤まらない

→いやいや。ガラパゴス化した公務員を続けている方がヤバいでしょ。絶対、公務員の方が厳しい環境だと思う。

 

✓なので、辞めるのではなく異動になりストレスがなくなるのを待とう

→先送りしていると、本当に世の中で通用しない人間になるよ。知識や経験は若いうちに積んでおくべきで公務員ではそれは無理。

 

皆、自分を騙して公務員として働く続ける

あなたの上司を見て下さい。イキイキと楽しそうに働いていますか?

「自分も、上司のようになりたい」と思う方は、そのまま公務員としての道を歩んだ方がいいでしょう。

 

はっきり言いますね。あなたの目の前の上司の姿は、あなたの将来像です。

あなたが将来、上司のようになりたくなければ、自分を騙して公務員として働くことに意味はありません

 

あなたの周りは、皆、あなたと同じようにストレスを抱えつつ自分を騙して働き続けるのです。

 

そう、公務員の安定神話を未だに信じきってね。

>>【悲報】公務員の安定は崩壊している!←泥船沈没の前に脱出せよ!

コメント