【嫌なら逃げよう!】公務員の独特な人間関係があなたを駄目にする

公務員はやめとけ
お悩み公務員
お悩み公務員

・現在、公務員なのですが、独特な人間関係に悩んでいます

 

・人間関係で悩む公務員は、自分以外にもいるのだろうか?

 

・人間関係の悩みを解決するためには、どうすればいいの?

 

公務員になってから数年間働いているけど、「公務員の独特な人間関係がどうも肌に合わない」と感じる若手公務員は多いと思います。

 

公務員を辞めたキヨシ
公務員を辞めたキヨシ

この記事を書いている僕、キヨシも民間企業→国家公務員→起業と様々な経験をしていますが、公務員の人間関係は笑っちゃうほど独特でついていけず、辞めましたw

そこで本記事では、元公務員である僕が公務員の人間関係の特殊性と、このまま公務員を続けていてもあなたが駄目な人間になる理由を解説します

 

この記事を読めば、決してあなたが特別な人間でないことが分かり気持ちが楽になるはずです。

そして、その先を行動する原動となることでしょう。

 

公務員の独特な人間関係があなたを駄目にする

これは、公務員として約10年余り働いた僕の経験から言えることです。

なぜなら、公務員は人間関係が最も重要で、多くの公務員は仕事や自己啓発そっちのけになるからです。

 

・【経験談】人間関係に翻弄され続ける公務員

とにかく、公務員は人間関係に翻弄され続ける人種です。

僕が公務員時代に体験した、人間関係について紹介します。恐らく、あなたにも該当すると思います。

 

⇒すぐに噂が広がる狭い世界

別に聞きたい訳ではないのに、いろんな噂が耳に飛び込んでくるのが公務員の世界です。

 

・異動や転勤前の同僚や上司の人柄や仕事ぶりなどの情報

・結婚や離婚、仕事のミスや退職情報

・うつ病などの過去の個人的な情報

 

公務員はとても狭い世界なので、こんな噂はすぐに広がります。

僕は、国家公務員だったのですが、異動範囲が全国規模の公務員でも同様ですね。

 

ここで僕が言いたいのは、人間関係が悪い職員はこのような噂がすぐにすぐに広がり、後に、働きにくくなることです。

 

⇒性格悪い!人の失敗を笑う公務員=成長しない

公務員は目立たずに大人しく、無難に仕事を進めていくことが求められますし、それが淡々とできる職員が優秀とされます。

 

チェレンジして失敗すると、職場内から笑い者にされます。誰か失敗して面白いネタにならないか、目を光らせている職員もいますね。←性格悪!

 

民間は逆です。若いうちにチャレンジしてたくさん失敗し、自分の経験値を高めていきます。

 

結局、公務員は人間関係を気にするあまり、思い切った仕事ができず成長をできないのです。

 

⇒上司には絶対嫌われないように八方美人

職場にごますり野郎はいませんか?

普段は仲間と上司の悪口ばかり言っているのに、実際の上司の前では、反発するどころから超がつくほどのYESマン。

 

特に飲み会なんかでは、上司の横で笑顔で酒をつぎ、自分の頑張りや他人の悪い噂を懸命に吹き込んでいます。

上司に嫌われると後の出世に影響しますからね。

上司との良好な人間関係は必須条件で、どんなアホな上司であってもごまするのが最も正しい振る舞いです。

 

・人間関係が実力のない曲がった性格の人間を育てる

ここまで読んで分かりましたよね。公務員は、仕事や自己啓発など人間として成長するエネルギーが、良好な人間関係を築くために使われます

 

なので、偏見かもしれませんが、大して実力や人間的な魅力もない人間が公務員には多いですね。

僕は、自分もそうなってしまいそうで怖くなり公務員を辞めました。

 

出世している公務員像は、良好な人間関係を使って調整能力ばかり高く性格が曲がった人が多いですね。

 

・うつ病や退職も人間関係が影響している

こんなに人間関係が重視される環境では、うつ病や退職も多いですよね。

僕は、嫌になり自主的に退職しましたが、中には人間関係でうつ病を患う職員もいます。

 

 

✓上司とウマが合わず攻撃される

✓同僚から陰口をたたかれたり、無視されたりする

 

など、職場で周囲と上手くやっていけずうつ病になってしますうのです。

僕はこのような同僚を何人も見てきました。

 

経験上、こうなってしまったら、回復して元通りにバリバリ働くのは難しいですね。

なぜなら、悪い噂話しが大好きな公務員によって、うつ病であること(あったこと)を広められてしまい、働きにくくなるからです。

 

異動になっても変わらない公務員の人間関係

「公務員は異動があるから、例え、現在人間関係が悪い職場であっても2~3年後にはリセットされる」

このように考える方も多くいます。しかし、それは幻想です。

 

一度、職場内で人間関係が崩れて悩むと、今後の公務員としての人生に明るい未来はないでしょう。

 

・仕事ができる職員=人脈が多い

公務員で仕事ができる人の、僕なりの定義を言いますね。

自分が知らないこと(分野)を電話1本で解決できる職員です。

 

公務員の仕事はルーティン化されているので、分からなければ人に聞くと必ず答えが見つかります。

要は、聞くことができる元上司や同僚を何人知っているかがポイントなのです。

 

数が多ければ多いほど、その職員は優秀な職員です。

この人脈は、異動によってリセットされるものではなく、むしろ、貯金箱のようにコツコツと溜まっていくものなのです。

 

・公務員は人間関係が全て!出世にまで影響する

人事異動の時期になると、上司が電話でコソコソ話をしているのが聞こえます。

今度、異動してくる部下の話を、こっそりと色んな知人に電話をかけ情報収集しているのです。

 

あなたも例外なくされているでしょう。

先程の話に戻りますが、一度、上司との人間関係が崩れてしまうとその悪い噂は、あなたの公務員人生に付きまとうことになります。

 

異動前から新上司にはあなたの素行が報告され、一緒に働く前からある程度のレッテルを貼られてしまうのです。

 

結論:公務員の場合人間関係は辞める理由になる

「人間関係で仕事を辞めるや奴はどこで働いても同じ」って言いますよね。

 

これって、公務員に限って言えば当てはまらないと思います

つまり人間的な成長がなく、調整能力だけに長け何もできない人材になるよりかは、公務員を辞める道を選んだ方が正しいということです。

 

今の優秀な若手公務員は、このことにいち早く気付き辞めていきます。

参考:【悲報】公務員に優秀な若手はいない!【理由:皆辞めるから】

 

そして、僕も公務員を辞めて、公務員時代がつまらない人生であったかを痛感しました。

>>【辞めて分かった!】公務員はつまらない人生【決断は早い方がいい】

 

要するに、人間関係で悩むくらいなら公務員を辞めることは全然ありです。

今のあなたには想像できないでしょうが、公務員を辞めても普通に生きていけますよ。

 

公務員という職業は、あなたや周囲が思っている以上にオワコン化しています。

後はあなたが危機を察知して、どのように今後動いていくかにかかっています。

 

あなたの成功を祈っています。

 

関連記事:【断言する】公務員のオワコンは本当です!元公務員が理由を徹底解説

 

コメント